« めばえ | トップページ | ボンチ »

2010年5月13日 (木)

福嶋 功 “imagination of gaia” 展

錦小路通新町西入ル(四条烏丸北西) のカフェ,
京庵(みやこあん)さんの2Fギャラリーがオープンしました。

和紙照明作家「福嶋 功」さんの“imagination of gaia” 展
15日(土)まで開かれています。

福嶋さんは実物のリンゴやレモンや野菜などを和紙で型取り
する技法で,照明などの作品を創られています。

Ca280365
実物に貼り付けて造形するそうです

ありそうでなかった造形手法だと思います。

実物をそのままトレースしたかのような和紙のフォルムは、
和紙らしさを保ったまま「生きた植物の性質」にやわらかくシフト
しているような印象を受けます。

リンゴの匂いはしないだろうと予想できる。
食べられないことも見ればわかる。
だけど、時間が経つとしなびてしまうような生命がある気がする。

福嶋さんの和紙は、決してリンゴになろうとしているんじゃなく、
和紙とリンゴの間のなにかになろうとしているように思えます。

福嶋さんはご自身の作品を「ゆらぎアート」と名付けています。
たしかに作品の存在にゆらぎがあることが、実物を見れば
わかっていただけると思います。

だから、造花やイミテーションのクラフトにはない
オリジナルの魅力を感じました。
是非見てほしい展覧会です。

そして京庵の店主さんは白いエプロンがとても似合っております。

「見てみたいな。」と思われた方、クリックで
ブログランキング投票おねがいします。
にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ

|

« めばえ | トップページ | ボンチ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

先日はお越しいただき、誠にありがとうございました。
和紙という素材のポテンシャルで僕の作品は成り立っています。
造形は如何ようにも、他の作家でも可能ではありましても、
和紙の「ゆらぎ」の性質を知ってこそのものは何とか実現できているのかなと思って日々がんばっております。
まだまだ稚拙ではありますが、よろしくおねがいします。

投稿: | 2010年5月14日 (金) 22時29分

こちらこそ、コメントありがとうございます!
拙い表現ではありますが、福島さんの作品を
好きになった者として、その魅力を少しでも
読者の皆さんと共有できたらと思っております。
これからも、拙ブログをよろしくお願いします。

投稿: あうあうちゃん | 2010年5月15日 (土) 01時08分

併せて当店もご紹介いただき、ありがとうございます。

また機会があれば、功さんの新作展はやっていただけたらと思いますし、
いろんな作家さんとの出会いの場になればと思っております。

投稿: 庵主のmiyako | 2010年5月17日 (月) 15時36分

こちらこそ、よろしくお願いします!
京庵さんの今後の展覧会情報を是非ご紹介させてください。

投稿: あうあうちゃん | 2010年5月17日 (月) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1272379/34681670

この記事へのトラックバック一覧です: 福嶋 功 “imagination of gaia” 展:

« めばえ | トップページ | ボンチ »